Microsoft Flight

Microsoft Flight Simulatorシリーズの最新作,Microsoft Flight(以下MSF)が無償公開されたのでプレイしてみました.

実は前作であるMicrosoft Flight Simulator X(以下MSFSX)の発売後に開発スタジオが閉鎖されてしまったので,「もうMicrosoftはフライトシムを作らないのかなぁ」と思っていました.・・・が,昨年末に唐突にMicrofostが新作のフライトシムを製作中だと公表されました.MSFは最近流行りの「基本プレイは無料」商法なのでとりあえずインストールし,水上着陸までプレイしたので感想を少々

プレイしてまず思ったのが,飛行機の内装と周囲の景観がとても綺麗でした.前作よりもかなりポリゴン密度とテクスチャ密度が上がっているようで,ある程度近寄ってもスカスカな感じは受けません.ただ,ライティングやエフェクトは前作からあまり変わってないような気がしました.まぁでも前作でライティング,エフェクトは既に結構リッチだったのでいいんですが.

MSF(新作)
 

MSFSX(旧作)
 

MSFの景観は,前作と比べて無茶苦茶密度が高い
 

前作と比べて劣化したと思ったのは雲です.MSFでは小さな雲がまばらに配置されているだけで,前作のほうが見栄えが良かったかなと.ただ,まだそれほどプレイしたわけではないので,もしかしたら飛行時の天候によるものかもしれません.

左:MSF,右:MSFSX
 

あと,MSFでは飛行機が停止した状態でEキーを押すと・・・.なんと飛行機から降りて移動することができます!さらに,飛行機に近づいてEキーを押すと再び乗ることもできます.ただ,歩行しているときに壁にぶつかるとほぼ100%めり込んで動けなくなりますw.そんなときは下を向きながらバックすると壁から脱出することができます.

左:飛行機から降りた状態,右:リフトには乗れません
 

あと一つ残念なのがマルチディスプレイに対応していないっぽいことです.設定画面やらなんやらをいろいろ見てみたのですが,どうにもマルチの設定項目はなく・・・.というか設定項目が全体的に前作よりも減っています.前作は多すぎるくらいの設定項目数だったため,良くなったとも言えますがちょっと少なすぎる気もします.操縦感覚も楽になっていますし要求スペックもそこまで高くないので,異常なまでにマニアックだった前作から反省して今作はライトなユーザも楽しめるように作ったのかもしれません.

 

なぜか日本語での情報ページが全然ないですが(3/6現在wikipediaにすら項目がない),英語がわからなくても手軽に飛べちゃうのでとりあえずインストールしてみてはどうでしょうか.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.