これはブログです。

3DCGとかWebとかカメラとか

2016/10/02

キャラクターモデリングその2

うちのこを作ってる過程での、現状のボーンの設定について書きたいと思います。我流でやっているためこれが正解という確証が全くないのですが、今後のため残しておこうかなと思いまして。

 

とその前に、タグにもあるように自分はShadeを使っているのですがこのソフトでボーンを扱うなら @cg_ftLab さんが開発された BoneUtil というプラグインをいれることをお勧めします。ボーンの軸方向の統一とかミラーリングとかいろんな便利機能がつかえますよ。

 

まず、Centerを地面からヌッと大体おへそあたりまで伸ばします。そこから脚と腰のボーンへとのびます。脚や腕は BoneUtil でミラーリングするので片側だけ設置します。

脚へはへそから股関節へのダミーボーン(としている)と各関節(股関節、膝、足首、つま先)へと追加していきます。

 

腰は胸のあたりまでふたつ仕込んでいます。そこから脚と同様に方へのダミーを経由して肩、肘、手首へと続きます。作ってて思ったのですが、肘と手首の間にねじり用のボーンも入れた方がいいかもしれません。

手首から先は一旦手の中心にダミーを置いてから各指へのばしています。

首も腕のダミーと同じ階層から大体位置的にはのど仏がある位置まで、その先に頭のボーンを置きます。

 

設置についてはこんな感じです。このあとスキンでバインドしてウェイトペイントでヌリヌリするわけですが…。それは別記事で書こうかと思っています。では。

 

cap1 cap2 cap3

 

まだコメントはありません。